不動産管理運営会社(その②)


サラリーマン稼業を続けている間は、資産拡大形成の実践の結果、堆積された複数の賃貸投資用マンション等の賃貸業務を分譲業者やその系列会社、或るいはその物件の所在地の近くで仲介斡旋業を営む宅地建物取引業者等に管理委託したり、一括賃貸してきたかも知れない。また小才の利くど仁は、自分自らその管理・運営を実践してきたかも知れない。しかしこの度はサラリーマン稼業から足を洗ったのだ。今まで培ってきた不動産知識を存分に活かして、自己所有の資産をベースに不動産管理運営会社を設立することを勧めたい。

家模型

この不動産管理・運営会社の特色は、同族経営者等のビル・マンション等を賃貸管理する同族の不動産管理・運営会社という性格を具備するがゆえに、税務当局からは、単に賃貸収入を分散し、不動産所得の分散を意図する租税回避ではないかという面から白眼視され勝ちである。われわれが志向する財テクは、既に何度か執拗に説いてきたよう実態のない。ペーパーカンパニーを設立し、租税回避を意図する実践ではないのである。これまで培ってきた知識を基に宅地建物取引業者の業務の一環として正々堂々と経済取引を行おうというものであって、その動機においても、実態においても何ら白眼視される謂れはないのである。この不動産管理・運営会社には二つの形態があり、税務否認を受けないためには留意していかなければならない点がいくつかある。

(1)転貸方式(ヘッド・リース方式)。この方式は読者諸氏が資産拡大形成してきた賃貸用の投資用不動産を同族関係者の経営する不動産管理・迎営会社に一括賃貸し、その管理・運営会社がエンド・ユーザーたる第三者に転貸する方式である。ここで問題となるのは税務当局の租税回避の判断で、著しく低額な賃貸料で管理・運営会社に賃貸したのでは所得分散を図ろうとする動機において不純な租税回避であるとの見方で判断されるのである。ここは一般のデベロッパー等が「総合企画謂負方式」で一括賃借する常識的なラインー実際の賃貸料の八〇%~八五%程度-でのヘッド・リース率で管理・運営会社に一括賃貸すれば問題はなかろう。勿論この比率は税法関係の法令に何ら規定されていないがゆえに、個別の特殊事情さえ介在するならば、その比率の変動は問題ないはずである。

家模型

(2)管理委託方式。読者諸氏の保有する資産たる賃貸用の投資用分譲マンション等の管理全般の委託を新たに設立された管理・運営会社が受けて、テナント募集、賃貸借契約手続き、賃料の徴収、苦情処理、契約更新、解約手かとの白眼視を受けるが、その業務の難易度にしたがい、概ねエンド・ユーザーの実際賃料の一五%程度を徴するなら何ら問題は生じないであろう。勿論、管理委託業務の内容を仕訳し、固定の管理委託料は低目に設定し、個別の業務の難易度に従って別途手数料、企画料等を徴することも一法である。いずれの場合も読者諸氏は常勤の代表取締役である。これまた常識的な線での役員報酬を設定できるほか、会社運営上の必要経費は当然のことながら損金算入ができる。

四、宅地建物取引業者。単なる資産の管理・運営会社程度の法人成ではまた人生退屈してしまう。結局のところ賃料収入しかないのだから……。これまで実践してきた知識を活かして、一挙不動産業界への新規参入をしていこう。個人財テク・法人財テクを含めて、不動産情報の輪を拡げることは極めて意義深い。手始めに仲介業務からスタートしてみよう。仮に二億円の物件を仲介すれば。片方の当事者に関与しただけでも六〇〇万円余りの仲介手数料が収攬できるほか、自己及び管理・運営会社にとって手頃な投資対象物件の情報も幅広く受信できるようになる。

ここでもマルチ・パーパスに活躍していくことができるのである。新規設立の希望溢れる読者諸氏の新法人の会社名は何と命名していけばよいだろうか。栄光ある出発と老後の安寧を願う余り、凝り過ぎてゆくと、林家彦六の落語、「寿限無」になってしまう。寿限無のフルネームをご存知だろうか。「田中寿限無寿限無、五劫の摺り切れず、海砂利水魚の水行末雲行末風来末、食う寝る所に住む所、305薮ら柑子薮柑子、ハイポハイポ、ハイポのシューリンガー、ジューリンガーのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーポンポコナーの長久命の長助」凝り性も程々にして素敵な会社名を考えてゆこう。


八王子市には法政大学や中央大学,首都大や多摩美などたくさんの大学があり「大学の街」と呼ばれています。
それに伴って,学生向けの賃貸が多く,単身者にも人気のエリアとなっております。都心部よりも家賃も安くて,交通アクセスも良好です。都心部への通勤や通学にも非常に便利なんですよ。
私も以前八王子に住んでおり,都内への通勤も非常に快適で苦になりませんでした。また,高尾山や富士森公園といった自然を満喫できるスポットも豊富なので,都会が苦手という方や初めての東京暮らしが少し不安という方にオススメです。
東京で進学や就職が決まり引っ越しを検討されている方はぜひ一度,中央区の賃貸をお探しください。

会社などの会議を,大阪で行う時に使ってほしいのが本町会議室になります。
会議人数に合わせて,使う部屋を選ぶことが可能です。大人数を収容することができ、大会議室や,少人数で会議をしたいときに使うミーティングルームなどもあるため、便利です。
また、セミナーの開催場所としても人気があるので、ぜひこの本町会議室について調べてみませんか?

人気のテーマパークまでバスが直通した小岩エリアで不動産物件を見つけませんか?
小岩エリアは庶民的なエリアで,リーズナブルなお店が沢山あって,男性の方に特にお勧めのエリアです。賃料も6万円するかしないとなっているので,都内で一人暮らしを考えている方に小岩エリアの不動産はお勧めなんですよ!