「三公・七民」の二コニコ税制


交換・取得後一〇年の星霜を経た事業用資産は「長期保有」の事業用資産に変身していく。事業用資産の再買換えで、さらに一段と資産を拡大すべく回転させていくこともよい。しかし自分のライフ・ステージと合わせつつ一挙売却におよんでも搆わないわけである。七、〇〇〇万円の買増し型再投資をしたものが、取得後一〇年を経て一億一千万円で売却できたと仮定しよう。この際のキャピタル・ゲインは、七、〇〇〇万円が取得原価ではなく五、四〇〇万円であったのだから、五、六〇〇万円譲渡益が生ずる。一〇年分の減価償却費の先食い部分を加算すれば七、〇〇〇万円強のキャピタル・ゲインが生ずるはずである。この七、〇〇〇万円という膨大な譲渡益に対してどの程度の誅求を受けることになるだろうか。
(1)譲渡益、四、〇〇〇万円までは二六%。したがって四、〇〇〇万円×〇・二六=一、〇四〇万円。(2)譲渡益、四、〇〇〇万円超の部分は三二・五%。したがって三、〇〇〇万円×〇・三二五=九七五万円。(3)合計額、二、〇一五万円。この税額は七、〇〇〇万円のキャピタル・ゲインに対して負担率はわずか二八・八%弱である。七、〇〇〇万円をサラリー等で稼いでみなさい。「六・五公・三・五民」税制の因果関係に巻き込まれ、大変な負担率となるのに、たった二八・八%弱の誅求で解放されるのである。このように長期保有化された事業用資産の売却益に対しては税は蒸発してしまうのである。

家模型

だからこそ自分のライフ・ステージと照合させ流動資金として残ってくる。この金を、人生の黄昏時期に入った老境を楽しむ資金として思う存分使うのである。クイーン・エリザベスⅡ号に老夫婦で乗って「フルムーン旅行」もまたよしである。それでも未だ利を産む事業用資産はあるのだ。「必要以上の美田を子孫に残さず」というのが現代版不動産財テクの極意である。


東京都での生活を検討している方はいますか?
東京で物件探しをしている方はぜひ文京区の賃貸物件はいかがでしょうか?
文京区は,一言で言うと,交通アクセスに優れた治安の良いエリアです。
文京区には,中央・総武線や三田線など複数の路線が走ってるので,都内ならどこへでも行くことができると言っても過言ではありません。
犯罪率が0.35%となっているため,生活していて怖い思いをすることもほとんどありません。
ぜひ引越し先で悩んでいる方がいたら,文京区の賃貸情報について確認してみてください。ケーコーポレーションは文京区に特化したサイトです。

渋谷区の魅力はとにかくアクセス環境に優れている事!都心へのアクセスに関してはピカイチと言って過言ではありません。
商業施設も揃っているのでとても利便性が高いエリアなんです。そんな渋谷区で新生活を送るのなら賃貸物件がお勧め。
特に若い人におススメのエリアなので、ぜひ渋谷区の賃貸情報について調べてみませんか?渋谷区で賃貸物件を見つけることができたら、きっと満足した生活を送ることができますよ。
ぜひ一度渋谷区の賃貸情報についてご確認ください。

不動産投資でどこが人気のエリアかご存知ですか?今,人気となっているのが八王子市になります。中心部は都会で,鉄道沿線から北西に大きく外れると田舎となっています。
南東方面は基本的にニュータウンで小金持ちの方が沢山います。ショッピングや遊びでいつでも都心に出ることができましハイキングや釣りなどで自然を身近に感じて生活がかなり充実することでしょう。
そんな八王子市だからこそ不動産投資するのにお勧めなんです。
今よりももっと多く収入を得たいのでしたら、ぜひ八王子市で不動産投資を始めましょう!